ぱんどらさんのおもちゃばこ

ビターエンドは好き。ビターチョコは嫌い。

神我狩 ビルド|アタックジャマー

来いよアラミタマ、銃なんか捨ててかかってこい!

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:原初,神機,SD
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:アンドロイド(戦士)
  • 称号:*デジタルソーサラーA/ダークハンターB/異界探索者B
  • 基本主能力値:体力9/敏捷10/知性1/精神3/幸運1
  • タレント:
      ※ゾハールメソッド
      ※影門転移
      ▲反射加速
      ▲霊力変換機構
      1両手利き
      1加速追撃
      2投げ飛ばす
      3デジタルマスタリー
      4影縛り
      5称号取得
      ※法則解除
      ▲ナビゲーション

  • 装備:
      白銀のククリ//肉厚な刃
      白銀のククリ//肉厚な刃
      防術チョッキ
      詠唱ヘッドホン
      霊威シューズ

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:敏捷型
      スラー酒
      マジックキャンドル*5
      ポマンダー*20
      宝物(1)

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中11/回避13/発動3/抵抗4/看破1
    物D28/魔D4/行動値20/生命力56
    装甲0/結界3/戦闘移動9

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「連番」「連番」
      ・物理攻撃(武器攻撃
         消費コスト:なし
         距離/対象:近接状態/1体
         物D:28+R1
         備考:対植物時ランクに+2
      ・備考
         DCS共有ルール適用
         コスト踏み倒し/ターン2回
         攻撃タレント打消/ターン1回
         常時以外のタレント打消/ターン1回
         霊力1個を超過霊力に変換/使用者,ターン1回
         霊力1個を超過霊力に変換/ターン1回
         4マス移動/タレント宣言時,ターン1回
         1Dダメージと転倒付与/ダメ算時,ターン1回
         武器攻撃/ダメ算時,戦闘1回


♦解説

未だ最強のキャンセル効果を持つ《法則解除》。[常時]以外ならなんでも打ち消せる。
その血を受け継ぐ《影縛り》は、[攻撃]の《タレント》限定で打ち消すことができる。限定といっても、敵の手数自体を減らせる[攻撃]のキャンセルは非常にレアかつ強力な効果だ。

これらを両方搭載し、[ボス]の[攻撃]《タレント》を毎ターン2回キャンセルすることがこのビルドの最大の目的だ。

 

とはいえこのままだと[コスト]的に厳しいので、《ゾハールメソッド》《デジタルマスタリー》の力を借りる。「連番」「連番」で済むようになったが、できればターン開始時に揃えたいので《霊力変換機構》も用意。

 

賢い[ボス]であれば、《タレント》による[攻撃]を諦めて[武器攻撃]に切り替えてくる可能性がある。それでも攻撃の弱体化に繋がるし、《法則解除》が腐ることはまずない。《影縛り》を使わなかった分の《ゾハールメソッド》は味方のサポートに回すこともできる。

 

アタッカーでもヒーラーでもタンクでもなし、サポーターともデバッファーとも言い難い隙間産業。[霊力]的な余裕も[LV:3]以降の《タレント》枠もなく、それでいて[開始]から[終了]まで他にやることがなんにもないというおかしな状況になってしまった。

とりあえず両手に[斧]を持って副業アタッカーを始めてみる。瀕死の敵を片したり、《反射加速》やその足を活かして敵の足止めをしたり。火力にはやはり乏しいが、戦闘1回だけ《加速追撃》による連続攻撃も可能だ。《投げ飛ばす》で[転倒]を与えられるのも結構嬉しい。

《ナビゲーション》によるサポートも忘れずに。

 

 

♦カスタム

装備については、自信がないというのが正直なところだ。むずいです。

火力に富む[斧]の他、[岩返し]のある[鎚]も手か。

《投げ飛ばす》などの手札を失うが、[用法:両手]の強力な[追加効果]を持つ[魔法武器]を持って素直に魔法アタッカーをやっても良い。

もしくは[射撃武器]を持ち、雑魚の掃除に徹するのが一番丸いかもしれない。

 


♦成長

[成長]は【体力】と【敏捷】に振る。

 

[魔法武器]にて[対象]を増やしているなら、《影門霊力》《影技増幅》《影技強襲》《攪乱影技》の[超過霊力]ばら撒きルートに進んでも良い。

 

[LV:10]で《ゾハールメソッド》に《得意技》を当てつつ、《称号開花》で得た[デジタルB]の《クラックキャスト》を利用すれば、[ボス]の[武器攻撃]をも封殺できる。《カスタムコード》が利くため《影破り》まで撃つ余裕もあっていい感じ。

 

 

♦関連

 

神我狩 ビルド|4WDガンアックス

「いま体当たりしてなかった?」

「?」

「しかも撃ってたよね?」

「はあ」

「でも《裂帛投擲》って...」

「何か問題でも?」

「いえ...」

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:機神,原初,神魂,熾火
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:サイボーグ(戦士)/半妖
  • 称号:*ディバイントーカーA/ゴッドハンドA
  • 基本主能力値:体力12/敏捷10/知性1/精神1/幸運1
  • タレント:
      ※秘伝の真言
      ※天地功
      ▲混じり神
      ▲霊威放出
      1拳器一体
      1神撃咬破
      2連なる言魂
      3裂帛投擲
      4術印の達人
      5連続行動
      ▲武運長久

  • 装備:
      ガンアックス//肉厚な刃/斧の霊力/抜群の切れ味
      スクトゥム
      ボディスーツ
      呪力の腕輪
      神秘のカメオ

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:体力型
      五石散
      ポマンダー*20
      マジックキャンドル*5
      魔香*5

  • 戦闘値総計:
    命中12/回避12/発動3/抵抗3/看破2
    物D30/魔D4/行動値14/生命力57
    装甲3/結界0/戦闘移動7

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「奇」「偶」「偶」「3」(/超過霊力)
      ・物理攻撃神撃咬破
         消費コスト:偶
         距離/対象:移動4マス or 7マス/1体
         物D:78+R2
         備考:回避失敗で生命力2消費
      ・備考
         攻撃後神撃咬破踏み倒し/ターン1回
         超過霊力獲得/戦闘1回
         攻撃+1回

 


♦解説

《神撃咬破》《裂帛投擲》《術印の達人》《武運長久》の4本柱により、「+【主能力値】」を4つ重ねた。これを《連続行動》《連なる言魂》によって1ターン3回撃とうというムキムキビルド。

代償として、[武器]制限・[コスト:奇]*1・[準備]消費禁止*2を背負うことになる。

 

《神撃咬破》は[移動4マス]なので、[戦闘移動]できない弱点や攻撃が余る問題をある程度緩和してくれる。その上で、《拳器一体》の効果で[7マス]を見ることもできる。

[コスト]も軽減の必要がないくらい安い。《秘伝の真言》の「奇」とも噛み合っていてうれしい。

 

物理型[メイン:ディバインA]の弱点として、[武器]の幅が狭いというのがある*3。しかも《裂帛投擲》の条件も満たす必要がある。

今回は火力を重視し、[両片手]の[斧:ガンアックス]を採用。投擲武器ではないので[自動補足]の分が浮く。

 

 

♦カスタム

将来的な火力や[距離]を考えると、同じ[斧]でも[片手]の[ビンガ]あたりにしておきたくなる。

もちろん、[槍]や[射撃]で[対象]を見たりしても構わない。条件にだけ注意。

 

自分の運に自身があるなら、《術印の達人》の代わりに《言魂の真髄》を入れてみるのも良いだろう。

 


♦成長

[成長]は【体力】と【敏捷】に振る。

 

《秘印会得》を取得すると《秘伝の真言》が無料化するだけでなく、[タイミング]を消費してしまう[準備]の《タレント》も利用可能になる。すると《爆発呼吸》が使えるので、《言魂の真髄》がグッと使いやすくなる。

《先之先》で上から叩くのも良いか。《妖力循環》あたりも便利。

 

 

♦関連

 

*1:《秘伝の真言》の使用

*2:[戦闘移動]や[アイテム]の不使用

*3:他に【命中】【回避】の戦闘修正がない点も挙がる。なお、何故か[物D]はまあまあある。

神我狩 ビルド|受動型移動要塞

ここは俺に任せろ!

そっちも俺に任せろ!

むこうも俺に任せろ!

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:機神,原初,神魂,神機,邪神
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:アンドロイド(戦士)
  • 称号:*ディバイントーカーB/タイムウィザードA/アークスレイヤーB
  • 基本主能力値:体力5/敏捷9/知性1/精神8/幸運1
  • タレント:
      ※鎧装賛歌
      ※クロノストレイター
      ▲超体術
      ▲反射加速
      1守護神伝
      1ジャッジメント
      2生命賛歌
      3クロックアクション
      4絶対凱歌
      5称号取得
      ※一閃
      ▲立体機動

  • 装備:
      ホーリーシンボル//タリスマン/移動魔法陣/回復強化
      スクトゥム
      フルメタルジャケット
      モノノケ耳

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:敏捷型
      宝物*1
      ポマンダー*20
      ポーション*20

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中5/回避12/発動3/抵抗12/看破3
    物D5/魔D7/行動値13/生命力57
    装甲5/結界3/戦闘移動6

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「1」「ゾロ目」
      ・備考
         回避抵抗代行
         ダメージ減少時15回復
         ポーション:10回復
         受動成功時4マス移動
         タレント宣言時4マス移動/ターン3回
         魔法被ダメ1/4 /ターン1回
         行動値+9 or ランク+1/ターン1回
         簡易移動+1/戦闘1回
         ロール降り直し/セッション1回
         精神,察知判定+1

 


♦解説

《守護神伝》や《ジャッジメント》は《護りの神器》等の身代わり系[防御]《タレント》と違い、[受動判定]に挑戦できる。

ただし[対象]が[近接状態]にいる必要があり、全員を護るつもりで固まっていると[範囲]で一網打尽にされるリスクをはらんでいる。

この辺の問題をどうにかこうにかやっつけて、受動型の両避けタンクを組んでみたい。みよう。みました。

《超体術》と《クロックアクション》により、[受動判定]成功時に[近接状態]を無視して4マス移動できる。これを利用して、離れた味方の間を渡り歩いて庇って回ろうというコンセプトだ。

ただし、[受動判定]に成功しなければこれらの移動効果は得られない。つまり、自分もしくは[近接状態]にある味方が狙われなければ、受動→移動→...の連鎖を始められないわけである。

この問題を解決してくれるのが《反射加速》《立体機動》だ。これにより1ターン中3回まで《タレント》に反応して移動できるから、味方全員が互いに4マス内にいればだいたい問題なく庇って回ることができる。

 

《絶対凱歌》により、《守護神伝》《ジャッジメント》に加え、《生命賛歌》も使い放題になっている。庇った際には自身に対して改めて[防御]を得るから、ダメージ減少の度に15[回復]可能。また、[手番]には[ポーション]*2により合計20点の[回復]が可能だ。

 

《鎧装賛歌》や《クロノストレイタ―》は無理に使わず、[ロール]のために[霊力]を整えておくのが良いだろう。

もちろん、有用なサポートになる場合や、弱い[霊力]を消費したい場合には迷わず使っていこう。

 

 

♦小技

《反射加速》だが、敵が《タレント》を宣言せずに[武器攻撃]を行ったり、[距離:7マス]外にいる場合は反応しない。

がしかし、「いつでも使用できる」[特殊]の《タレント》を自ら宣言し、それに反応させる形で使用することは可能だ。そしてそのための手札は既に持っている。そう、《クロノストレイター》である。

 

ちなみに、使用のための[コスト]が足りない場合でも、その《タレント》を宣言することは可能だ*1。宣言したものの[コスト]が足りず使用できなかった場合は使用回数に数えられないため、《クロノストレイター》をまだ使っていないターン中かつその[コスト]が払えない状況では、自発的に《反射加速》の効果を得られるということになる。

 

 

♦カスタム

将来性を考えて[モノノケ耳]を買っているが、[装飾]枠は余っているので[霊威シューズ][破邪の銀鎖]にすれば500G浮く。
[消耗]に回すのが良いか。意外と馬鹿にならない。

 


♦成長

[成長]は【敏捷】と【精神】に振る。

 

LV10で組もうか迷ったくらいには、欲しい《タレント》ばかりである。

《霊壁展開》による攻撃誘引、《両手利き》による[回復]・[対象]増強、《歌力励起》による蘇生もしくは《賦活聖歌》《無限音感》による[回復]魔法。

《回避強化》や《抵抗強化》があれば、安心して[受動判定]に臨めるだろう。

 

 

♦関連

 

*1:FAQ基本-P-デジタルA-001

神我狩 ビルド|戦略級真言士

2022/5/8現在、『神我狩』において公式ルールがサポートしている[称号]は計27種54タイプあるそうです

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:機神,原初,神魂,四神,混沌,熾火,邪神,SD
  • 世界干渉LV:8 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:半妖(魔法)
  • 称号:*ディバイントーカーA/戦略級魔法士B
  • 基本主能力値:体力1/敏捷11/知性5/精神9/幸運4
  • タレント:
      ※秘伝の真言
      ※流星陣
      ▲妖力発現
      ▲霊威放出
      1具現印
      1圧壊砲
      2連なる言魂
      3言魂の真髄
      4真言残響
      5発動強化
      ▲妖力解放
      6略式印
      7秘印会得
      8術印の達人

  • 装備:
      無名祭祀書//霊力の輝き/詠唱強化/呪殺仕様
      フルメタルジャケット
      モノノケ耳
      霊威シューズ

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:幸運型
      百鬼夜行
      五石散
      スラー酒

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中1/回避14/発動7/抵抗13/看破6
    物D3/魔D19/行動値20/生命力63
    装甲3/結界3/戦闘移動9

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「偶偶orゾロ目」「3」「3」(/超過霊力*2)
      ・魔法攻撃妖力発現
         消費コスト:偶偶orゾロ目
         距離/対象:戦闘地帯/戦闘地帯 or 6マス/1体
         魔D:19+R3(消滅)
         備考:特殊攻撃
            雑魚+5ダメ
      ・魔法攻撃流星陣
         消費コスト:66
         距離/対象:戦闘地帯/戦闘地帯
         魔D:30+R3(消滅)
         備考:特殊攻撃
            結界無視
            雑魚+5ダメ
      ・魔法攻撃圧壊砲
         消費コスト:ゾロ目
         距離/対象:4マス/1体
         魔D:30+R4(消滅)
         備考:特殊攻撃
            転倒or暗闇or猛毒or苦痛付与
            雑魚+5ダメ
      ・備考
         DCS共有ルール適用
         攻撃後n・nn攻撃踏み倒し/ターン2回
         超過霊力獲得/戦闘2回
         知性,発動判定+1D
         察知,識別,精神判定+1

 


♦解説

『ダイスコントロールシステム』のデータ共有ルール*1を適用すると、『セイクリッド・ドラグーン』の[称号]および一部[アイテム]を『神我狩』にて使用できる。

『神我狩』の[コスト]バランスの外にある「エルヴェリア」の遺産、その一部は現世においても無類のパワーを発揮する。

 

具体的には、[コスト:n・n]で[距離/対象:戦闘地帯]の[結界]無視魔法や、《共感殺傷》を超える殺意を持つ[状態変化]付与魔法を放てる。

もちろん『神我狩』のデータパワーだって負けちゃいない。組み合わせることで常識外の動きをも可能としてくれるわけである。オーバースペックの[コスト:n・n]を最大限活かすため、今回は《言魂の真髄》《真言残響》を用意した。

 

扱う[攻撃]《タレント》は、殲滅用の《流星陣》、対[ボス]用の《圧壊砲》に加え、これまた殲滅用の《妖力発現》。3連続での[戦闘地帯]攻撃の安定と、[霊力]事故の緩和が狙いだ*2

 

《具現印》により任意で[特殊攻撃]化し、さらに《発動強化》により[対決]の安定化と[コスト]の獲得を狙う。

これで【知性】の成長が不要となったため、物魔両避けに舵を切れる。[ディバインA]の隠れた強みだ。

 

 

♦カスタム

[戦闘地帯]3連発が1ターン目のみとなるが、[英魂]の《対空間能力》や[マレビト]の《極大秘奥》を《圧壊砲》に乗せて撃つ手がある。[状態変化]を撒ける上、《術印の達人》も乗って*3とっても美味しい。

一方、[霊力]的にはちょっと厳しくなってしまう。【能力値】の変化にも注意。

 

逆に[霊力]の余裕を意識するのであれば、《魂魄剥奪》が使える[夜魔]も魅力的。【能力値】や《邪眼》も噛み合っている。おすすめ。

 


♦成長

[成長]は【敏捷】と【精神】に振る。

 

《魔法熟練》が欲しい。《具現呪法》で硬く素早くなったり。

《秘印会得》の効果で《具現印》を[開始]に回せば《武運長久》も利用可能。

 

 

♦関連

 

*1:基本p.264

*2:《言魂の真髄》《真言残響》は[攻撃]《タレント》使用後にしか使えないため、他に使いやすい[攻撃]《タレント》がない場合は[ゾロ目]が用意できないと動けなくなってしまう。

*3:完成するまで《種族タレント》には乗らないことを筆者は忘れていた。

神我狩 ビルド|両回避ブラッシュアップ

両回避ラッシュの火力が想定外に低くなってしまったのでリメイクです

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:機神,原初,神魔,神機,邪神
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:アンドロイド(戦士)/封神
  • 称号:*ドラゴンキャリアA/ソウルイーターB
  • 基本主能力値:体力5/敏捷9/知性1/精神9/幸運1
  • タレント:
      ※結晶変身
      ※喰霊返し
      ▲鋭の一撃
      ▲混じり神
      1喰霊演舞
      1喰霊
      2喰霊幻惑
      3クリスタルエンフォーサー
      4喰霊要塞
      5連続行動
      ▲特殊詠唱

  • 装備:
      輪宝//強化改造/マルチターゲット
      スクトゥム
      極戦装衣
      モノノケ耳
      破邪の銀鎖

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:敏捷型
      ポマンダー*20
      スラー酒
      宝物(1)

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中7/回避12/発動2/抵抗11/看破2
    物D14/魔D3/行動値11/生命力70
    装甲5/結界5/戦闘移動6

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「2」「2」「偶」「偶」
      ・物理攻撃鋭の一撃
         消費コスト:なし
         距離/対象:5マス/2体
         物D:32+R2
         備考:特殊攻撃
      ・備考
         制限:特対
         初ターン開始・生命5消費
         受動代行/ターン2回
         受動成功時攻撃獲得/ターン2回
         攻撃+1回
         察知+1

 


♦解説

コンセプトとしては両回避ラッシュとだいたい同じ。こちらは《喰霊咆哮》ではなく、《鋭の一撃》を《クリスタルエンフォーサー》によって無料化して振り回す。最大4回攻撃。

 

攻撃力は大幅に伸び、[受動判定]もだいぶ楽になった。《喰霊幻惑》もあるため、[近接状態]の味方をカバーしつつのカウンターも狙える。

他に大きな違いといえば、[距離]が[移動5マス]から[5マス]に変更されたところだろう。一長一短なもので、あちらは複数体への同時攻撃に向かないが、こちらは敵から敵へと飛び移ることができない*1

 

[射撃武器]を[装備]中だが、[武器攻撃]は基本行わないので[戦闘移動]してしまって構わない*2。味方を庇いつつ、多くの敵を狙えるような位置取りをしたいところ。

 

 

♦カスタム

連続攻撃型ということで火力が伸びる[極戦装衣]を採用したが、[フルメタルジャケット]なら[受動判定]にさらに強くなれる。価格は同じなのでお好きな方をどうぞ。

 

【命中】が不安なら、[マルチターゲット]より先に[SLS]を取っても良い。

 

喰霊幻惑》はカバーに攻撃にと非常に有用だが、常に「2」に飢えているような状況下での「偶」はそこそこ重い。

安定したパフォーマンスと早期決戦を意識するなら、《魂の見切り》で[超過霊力]を優先するのも良いだろう。

 


♦成長

[成長]は【敏捷】と【精神】に振る。

 

[ソウルA]採用型と違って[コスト:連番or2・2]強化《タレント》群を取得できないが、それでも《魂の見切り》《両手利き》《貫通結晶》《戦闘即応》《喰霊充填》《喰霊閃耀》など、取りたいものは意外とある。

 

 

♦関連

 

*1:連続攻撃中に射程内に敵がいなくなると手持ち無沙汰になってしまう。実質的な間合いが狭く、また敵の足止めに向かないと言えるか。

*2:FAQ基本-P-007

神我狩 ビルド|邪眼マンV

月読!

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:機神,原初,神魔
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:夜魔(魔法)
  • 称号:*エレメンタルアデプトA/レガシーユーザーB
  • 基本主能力値:体力1/敏捷2/知性10/精神10/幸運1
  • タレント:
      ※エレメントバースト(幻覚)
      ※治癒の神宝
      ▲夜魔の妖眼
      ▲獣魔変身
      1祭器一式
      1インタラプト
      2霊威放出
      3邪眼
      4エレメントマスター
      5連続行動
      ▲パフォーマンス

  • 装備:
      ドジアンの書//霊力の輝き/詠唱強化
      巨大神鎧1//黄金の霊光/インテリジェンス
      伝説の秘宝1//神威発現/インテリジェンス
      邪視眼鏡

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:精神型
      スラー酒
      ポマンダー*20
      金枝の楔*5
      式神符*5

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中2/回避2/発動12/抵抗10/看破1
    物D3/魔D17/行動値9/生命力61
    装甲6/結界6/戦闘移動5

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「偶」「偶」「3・3」(「偶」/超過霊力*2)
      ・魔法攻撃夜魔の妖魔
         消費コスト:偶
         距離/対象:10マス/4体
         魔D:36+R3(半減)
         備考:幻覚
            ×n即死
      ・備考
         制限:アーカム
         攻撃+1回
         サイズ4
         被ダメ-2
         ダメ算後nn攻撃踏み倒し/ターン1回
         霊力1個を超過霊力に変更/戦闘1回
         超過霊力獲得/戦闘1回+セッション1回
         特殊の称号タレント無料/セッション1回
         知性判定+3
         知性精神判定+2/セッション2回

 


♦解説

《邪眼》と《パフォーマンス》により、《夜魔の妖眼》は大化けする。

自前の[距離]と[属性]、そこそこの[ランク]と[抵抗:半減]に、[対象]大幅増加とおまけの「×n」即死効果が加わり、これが「偶」で撃てる。回数制限なし。[邪視眼鏡]で火力も伸びる。つよい。

こいつを主力にしたアタッカーを組んでみよう、というのが今回のコンセプトだ。

 

火力増強のために「+【主能力値】」が欲しいが、《夜魔の妖眼》は《種族タレント》のため、《術印の達人》など一部《タレント》の対象外だ。選択肢が絞られてくる。

今回選んだのは《エレメントマスター》。適用条件は[起源属性A]が付与された[武器攻撃]であり、特に《エレメントバースト》が乗っている必要はない。[起源属性A]を[幻覚]にしておけば、元から[幻覚]を持つ《夜魔の妖眼》には自動で適用される。

 

《連続行動》と《インタラプト》により、これを1ターン3回撒いていく。ただし《インタラプト》がかなり重い。

3回攻撃を安定させるため、雑に[レガシーB]を放り込んだ。事実上《祭器一式》の1枠で、セッション1回の[特殊]踏み倒しと[超過霊力]、さらには中々の耐久力と火力増強を手に入れられる。防御系統だけじゃないんです。

[武器]の[追加効果]や《霊威放出》もあわせ、十全なケアを積んだ。

ところで、《パフォーマンス》は《獣魔変身》にも適用できる。

枠の都合上強力な関連《タレント》を積めていないが、[ランク]+1だけでも使う価値は十分にある。

 

 

 

♦カスタム

今回は[黄金の霊光]で回りを良くしたが、[生贄の祭器]で攻撃吸引を1枚持つのも普通に強いと思う。

 

後々《エレメントブラスト》にも手を出すのであれば、[起源属性A]を[火炎・閃光]のいずれかにしておこう。
その場合、[追加効果:追加属性]によって対応[属性]を付与しておくこと。《エレメントマスター》の恩恵を受けられなくなってしまう。

本当は《魂魄剥奪》を活用したかったが、安定供給のための碌な手段が思いつかなかったため見送った*1

[気絶・戦闘不能・死亡]も不利な[状態変化]の一種であるため、運用次第では狙っていくこともできるだろう。

 

《オリジナルドメイン》も《種族タレント》に反応する「+【主能力値】」のひとつで、《獣魔変身》とも相性が良い。

[デジタルB]は戦闘修正も優秀で、《強化型モバイル》や《ザンツゥー陶片》などの[魔法武器]を扱えたり、後々《魔法熟練》に手を伸ばせることからも、[メイン]として一考の余地がある。

 


♦成長

[成長]は【知性】と【精神】に振る。

 

《肉弾耐性》をはじめとした[夜魔]の強力な《タレント》群に加え、《称号タレント》にも欲しいものがいくつかある。しばらく取るものには困らないだろう。

 

 

♦関連

 

*1:自身や[契約神獣]を《投げ飛ばす》など。

神我狩 ビルド|両回避ラッシュ

ただつよ[ソウルイーター]がただつよい話。

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:機神,原初,神魔,神機,邪神
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:人間(戦士)
  • 称号:*ソウルイーターA/ソウルイーターB
  • 基本主能力値:体力4/敏捷9/知性1/精神8/幸運2
  • タレント:
      ※喰霊
      ※喰霊返し
      ▲秘奥取得
      →喰霊咆哮
      ▲汎用能力
      1咆哮熟練
      1喰霊演舞
      2喰霊
      3喰霊自在
      4喰霊炸裂
      5連続行動
      ▲秘奥熟練
      →喰霊要塞

  • 装備:
      輪宝//強化改造/SLS
      スクトゥム
      極戦装衣
      モノノケ耳
      聖銀の腕輪

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:敏捷型
      ポマンダー*20
      スラー酒

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中8/回避11/発動2/抵抗9/看破3
    物D13/魔D3/行動値14/生命力62
    装甲7/結界5/戦闘移動7

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「2」「2」(「2」/超過霊力)
      ・物理攻撃喰霊咆哮
         消費コスト:なし
         距離/対象:移動5マス/1体
         物D:17+R2
         備考:特殊攻撃
            装甲半減
      ・物理攻撃喰霊
         消費コスト:2
         距離/対象:4マス/1体
         物D:17+R3
         備考:特殊攻撃
            装甲半減
            超過霊力獲得/ターン1回
      ・備考
         制限:特対
         初ターン開始・生命5消費
         受動成功時攻撃獲得/ターン2回
         攻撃+1回
         察知,主能力判定+1

 


♦解説

喰霊自在》《咆哮熟練》で《喰霊咆哮》が無料になる。喰霊咆哮熟練自在。多分デザイナーズコンボ。

[攻撃]を最大4回得て、こいつを振りかざして回ろうというコンセプトだ。

 

[攻撃]を得るための手段はもちろん《喰霊返し》*1。《喰霊演舞》により安くなり、《喰霊要塞》によりターン中2回使えるようになっている。

それが《喰霊圏》により物魔両方の受動に対応するというのだから驚きだ*2。であれば、ぜひとも両取りしてみたいところ。

 

【回避】【抵抗】をガチるのであれば、アタッカーとして問題となるのはもちろん[能動判定]。その解決策として、今回は[特殊攻撃]を活用する。

エネミーデータを参照してみると分かるが、【判】の高い[モノノケ]を除き、高LVのものであっても【判】の数値にはほとんど変化がない。というのも、【能力値】の指針は基本的に[カミガカリ]と同じだからである。

つまり[特殊攻撃]は、ある程度の【命中】固定値があれば、当たる敵には当たるしそうでない敵には当たらない。そして多くが「当たる敵」なのである。

当たらない敵は味方に正攻法で殴ってもらおう。

 

 

♦カスタム

喰霊の影》が必要な《喰霊奔流》を取得できておらず、深刻な火力問題を抱えている。《喰霊炸裂》と何かを犠牲にし、早期取得を目指しても良いだろう。

コンセプト上あまりやりたくないが、《喰霊要塞》を後回しにするのが丸いか。

《咆哮熟練》を後に回し、2回は[武器攻撃]で我慢する手もある。

 

[武器]は[特殊攻撃]扱いのものならなんでもいい。

 


♦成長

[成長]は【敏捷】と【精神】に振る。

 

喰霊の奔流》《喰霊研鑽》《喰霊閃耀》で火力をごまかせる*3。[伝説の品]や[大型化]、[マルチターゲット]も忘れずに。

もちろん《両手利き》を取得しても良い。なお、もう一方が[特殊攻撃]効果を持っている必要はない。

 

喰霊幻惑》や《魂の見切り》も魅力的。

あと《喰霊の牢獄》でなぜか[回復]を手に入れられたりする。アタッカーにあるまじき安定感。

 

[特殊攻撃]扱いでない[肉弾武器]や[射撃武器]をサブウェポンに持っておくと、詰みを避けられるかもしれない。

喰霊魔術》を[半減]上等で連発する手もあるだろうか?

いずれにせよ、ここまであれば何かしら通るだろう。

 

 

♦関連

 

*1:と《連続行動》。

*2:喰霊要塞》が●、《咆哮熟練》《喰霊演舞》にいたってはLV制限なしである。ついでに《喰霊圏》も[コスト]不要。非[メイン]でここまでやれるのは何かがおかしい。

*3:この辺の成長性が[ソウルA]の強みか。