ぱんどらさんのおもちゃばこ

ビターエンドは好き。ビターチョコは嫌い。

神我狩 ビルド|フレキシブル焼き畑

「斧は木を伐るためのもの」

「両手に持ってたらそういうホラーだろ」

「ついでに火も放ててお得」

「お前本当にサキミタマでレガシーユーザーなの?」

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:原初,四神,機神
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:サキミタマ(戦士)
  • 称号:*エレメンタルアデプトA/レガシーユーザーA
  • 基本主能力値:体力10/敏捷10/知性1/精神1/幸運2
  • タレント:
      ・人間形態
      ※エレメントバースト(火炎)
      ※霊光昇華
      ▲妖力撃破(火炎)
      ▲妖力秘奥
      →フェイタリティ
      1両手利き
      1雌雄一対
      2ブーストアクション
      3エレメントマスター
      4エレメントブラスト
      5連続行動
      ▲領域視界

  • 装備:
      精霊の斧3//霊力の源泉/半神半器//肉厚な刃
      精霊の斧3//霊力の源泉/半神半器//肉厚な刃
      防術チョッキ
      神秘のカメオ
      呪力の腕輪

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:敏捷型
      スラー酒
      マジックキャンドル*5
      魔香*5
      ポマンダー*20
      宝物1

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中11/回避11/発動2/抵抗1/看破2
    物D37/魔D3/行動値20/生命力61
    装甲1/結界0/戦闘移動7

  • 特記:
      ・使用霊力:「奇」「奇」「3」「3」(/超過霊力
      ・物理攻撃妖力撃破
         消費コスト:奇
         距離/対象:近接状態/1体
         物D:52+R2
         備考:火炎属性
            装甲半減/戦闘2回
            ランク+1,超過霊力/戦闘1回
      ・物理攻撃フェイタリティ
         消費コスト:奇・3・3
         距離/対象:戦闘地帯
         物D:52+R2
         備考:火炎属性
            コスト踏み倒し/セッション2回
            装甲半減/戦闘2回
            ランク+1,超過霊力/戦闘1回
      ・その他
         攻撃+1回
         隠密をn体物理で攻撃可能
         偽装の対決+10
         手番割込み/3,ターン1回
         特殊防御終了打消し/3,ターン1回
         体力敏捷+2/セッション2回


♦解説

コンセプトとしては幻想具現連続魔の物理版。

[霊力の源泉]によって《フェイタリティ》の[コスト]を踏み倒すことで、[最終戦闘]の1ターン目だけ戦闘地帯アタッカーとなる

 

あちらと比較すると、こちらは単発火力に優れる。[装甲]の[半減]まで乗っていい感じ。

一方で、こちらは3連撃ではなく2連撃となっている。《速射魔術》がない分、敵の攻撃誘引の枚数を超える数の範囲攻撃を重ねることによって[戦闘地帯]攻撃を通すという大元のコンセプトが弱まってしまうところだが、《エレメントブラスト》がそこをカバーしてくれている。[コスト]も比較的軽く、効果的にも腐りにくい。

また、[物理攻撃]なので[戦闘移動]が可能であり、[近接状態]にないと硬くなる相手にも強く出ることができる。

 

《デストロイモード》が取れない代わりに《ブーストアクション》を取っている。準速で[コスト]が要るが、掃除においてはさして問題ないだろう。柔軟性はこちらが上。

 

 

♦カスタム

[属性]は[閃光]でも構わない。

 

今回は[属性]条件を《妖力撃破》で満たしたが、[追加効果:追加属性]でも可。その場合は安く付く[鎚]が有力候補。

 

すると[攻撃]《タレント》に自由度が出るので、《鋭の一撃》などを利用しても良い。例によって《混じり神》による固定値増加+火力増強が噛み合う。

[封神]であれば、《特殊詠唱》による《フェイタリティ》のワンポイントでの魔法運用も考えられ、これはこれで面白い。

一方、枠の都合で《ブーストアクション》を切る必要が出てくる。

 

 

♦成長

[成長]は【体力】と【敏捷】に振る。

 

《探索熟練》が取得可能。《ブーストアクション》と両用しても強力だ。正々堂々上から叩け。

《ブーストアクション》は将来的に《エレメントエンド》に繋がる。豊富な◎《タレント》を回収していくのが無難に強い。

 

《オリジンパワー》があるとはいえ、要求[コスト]が「奇」だらけで少々息苦しいところ。

この問題は《妖力掃射》《パフォーマンス》が綺麗に解決してくれる。いいですね。

 

 

♦関連