ぱんどらさんのおもちゃばこ

ビターエンドは好き。ビターチョコは嫌い。

神我狩 ビルド|邪眼マンV

月読!

 

 

♦ビルド

  • 使用サプリ:機神,原初,神魔
  • 世界干渉LV:5 [原初 高レベル作成ルール適用]
  • 種族:夜魔(魔法)
  • 称号:*エレメンタルアデプトA/レガシーユーザーB
  • 基本主能力値:体力1/敏捷2/知性10/精神10/幸運1
  • タレント:
      ※エレメントバースト(幻覚)
      ※治癒の神宝
      ▲夜魔の妖眼
      ▲獣魔変身
      1祭器一式
      1インタラプト
      2霊威放出
      3邪眼
      4エレメントマスター
      5連続行動
      ▲パフォーマンス

  • 装備:
      ドジアンの書//霊力の輝き/詠唱強化
      巨大神鎧1//黄金の霊光/インテリジェンス
      伝説の秘宝1//神威発現/インテリジェンス
      邪視眼鏡

  • アイテム:
      [表の職業]特典
      探索者セット:精神型
      スラー酒
      ポマンダー*20
      金枝の楔*5
      式神符*5

  • 所持金:0G
  • 戦闘値総計:
    命中2/回避2/発動12/抵抗10/看破1
    物D3/魔D17/行動値9/生命力61
    装甲6/結界6/戦闘移動5

  • 特記:
      ・ターン使用霊力:「偶」「偶」「3・3」(「偶」/超過霊力*2)
      ・魔法攻撃夜魔の妖魔
         消費コスト:偶
         距離/対象:10マス/4体
         魔D:36+R3(半減)
         備考:幻覚
            ×n即死
      ・備考
         制限:アーカム
         攻撃+1回
         サイズ4
         被ダメ-2
         ダメ算後nn攻撃踏み倒し/ターン1回
         霊力1個を超過霊力に変更/戦闘1回
         超過霊力獲得/戦闘1回+セッション1回
         特殊の称号タレント無料/セッション1回
         知性判定+3
         知性精神判定+2/セッション2回

 


♦解説

《邪眼》と《パフォーマンス》により、《夜魔の妖眼》は大化けする。

自前の[距離]と[属性]、そこそこの[ランク]と[抵抗:半減]に、[対象]大幅増加とおまけの「×n」即死効果が加わり、これが「偶」で撃てる。回数制限なし。[邪視眼鏡]で火力も伸びる。つよい。

こいつを主力にしたアタッカーを組んでみよう、というのが今回のコンセプトだ。

 

火力増強のために「+【主能力値】」が欲しいが、《夜魔の妖眼》は《種族タレント》のため、《術印の達人》など一部《タレント》の対象外だ。選択肢が絞られてくる。

今回選んだのは《エレメントマスター》。適用条件は[起源属性A]が付与された[武器攻撃]であり、特に《エレメントバースト》が乗っている必要はない。[起源属性A]を[幻覚]にしておけば、元から[幻覚]を持つ《夜魔の妖眼》には自動で適用される。

 

《連続行動》と《インタラプト》により、これを1ターン3回撒いていく。ただし《インタラプト》がかなり重い。

3回攻撃を安定させるため、雑に[レガシーB]を放り込んだ。事実上《祭器一式》の1枠で、セッション1回の[特殊]踏み倒しと[超過霊力]、さらには中々の耐久力と火力増強を手に入れられる。防御系統だけじゃないんです。

[武器]の[追加効果]や《霊威放出》もあわせ、十全なケアを積んだ。

ところで、《パフォーマンス》は《獣魔変身》にも適用できる。

枠の都合上強力な関連《タレント》を積めていないが、[ランク]+1だけでも使う価値は十分にある。

 

 

 

♦カスタム

今回は[黄金の霊光]で回りを良くしたが、[生贄の祭器]で攻撃吸引を1枚持つのも普通に強いと思う。

 

後々《エレメントブラスト》にも手を出すのであれば、[起源属性A]を[火炎・閃光]のいずれかにしておこう。
その場合、[追加効果:追加属性]によって対応[属性]を付与しておくこと。《エレメントマスター》の恩恵を受けられなくなってしまう。

本当は《魂魄剥奪》を活用したかったが、安定供給のための碌な手段が思いつかなかったため見送った*1

[気絶・戦闘不能・死亡]も不利な[状態変化]の一種であるため、運用次第では狙っていくこともできるだろう。

 

《オリジナルドメイン》も《種族タレント》に反応する「+【主能力値】」のひとつで、《獣魔変身》とも相性が良い。

[デジタルB]は戦闘修正も優秀で、《強化型モバイル》や《ザンツゥー陶片》などの[魔法武器]を扱えたり、後々《魔法熟練》に手を伸ばせることからも、[メイン]として一考の余地がある。

 


♦成長

[成長]は【知性】と【精神】に振る。

 

《肉弾耐性》をはじめとした[夜魔]の強力な《タレント》群に加え、《称号タレント》にも欲しいものがいくつかある。しばらく取るものには困らないだろう。

 

 

♦関連

 

*1:自身や[契約神獣]を《投げ飛ばす》など。